キヤノン クラシック 代引き手数料無料 インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ 大容量 BCI-350 2個 6440B001 351シリーズ

キヤノン インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ(大容量) 2個(6440B001) BCI-350/351シリーズ

BCI-350/351シリーズ,jonas-kuri.de,家電・PC・周辺機器 , プリンターアクセサリ・消耗品 , インクカートリッジ,/Epeira161088.html,マゼンタ(大容量),インクジェットカートリッジ,BCI-351XLM,1382円,キヤノン,2個(6440B001) 1382円 キヤノン インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ(大容量) 2個(6440B001) BCI-350/351シリーズ 家電・PC・周辺機器 プリンターアクセサリ・消耗品 インクカートリッジ キヤノン 代引き手数料無料 インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ 大容量 BCI-350 2個 6440B001 351シリーズ キヤノン 代引き手数料無料 インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ 大容量 BCI-350 2個 6440B001 351シリーズ BCI-350/351シリーズ,jonas-kuri.de,家電・PC・周辺機器 , プリンターアクセサリ・消耗品 , インクカートリッジ,/Epeira161088.html,マゼンタ(大容量),インクジェットカートリッジ,BCI-351XLM,1382円,キヤノン,2個(6440B001) 1382円 キヤノン インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ(大容量) 2個(6440B001) BCI-350/351シリーズ 家電・PC・周辺機器 プリンターアクセサリ・消耗品 インクカートリッジ

1382円

キヤノン インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ(大容量) 2個(6440B001) BCI-350/351シリーズ

キヤノン(Canon) 純正インク 対応機種:PIXUS MG7530F, PIXUS MG7530, PIXUS MG7130, PIXUS MG6730, PIXUS MG6530, PIXUS MG6330, PIXUS MG5630, PIXUS MG5530, PIXUS MG5430, PIXUS MX923, PIXUS iP8730, PIXUS iP7230, PIXUS iX6830

カートリッジ容量
大容量
カラー
マゼンタ
タイプ(純正/非純正)
純正
メーカー名
キヤノン(Canon) 、キヤノン
種別
プリンター用インクカートリッジ 、プリンター インク
対応メーカー
キヤノン
内容量
10.8ml
シリーズ名
BCI-350/351/355シリーズ
注意事項
アスクル トナーカートリッジ無料回収をご利用いただく場合、ご購入時の箱は廃棄せず回収時にご使用ください。廃棄している場合は回収をお断りさせていただく場合もございます。
タイプ
染料
ブランド
PIXUS
ブランド名
ピクサス(PIXUS)
JANコード
4960999904535
商品番号
PK26552
返品について
返品可
ご購入の際は、ご利用ガイド「返品・交換について」を必ずご確認の上、お申し込みください。
備考
インクカートリッジ1本で印刷可能な枚数の目安

キヤノン インクジェットカートリッジ BCI-351XLM マゼンタ(大容量) 2個(6440B001) BCI-350/351シリーズ

海外ドラマの感想やトリビアをのんびりと綴っています。一昔前のお気に入りドラマをマイペースで視聴中。


ブルックリン・ナイン-ナイン シーズン1 あらすじ

第1話 俺たちクールなポリスチーム

ニューヨーク警察99分署の刑事ジェイクとエイミーは家電量販店の窃盗事件を捜査中。ジェイクはぬいぐるみに搭載されていたカメラを見つけ、犯人が映っていて見事に事件を解決する。99分署に新たな署長レイモンド・ホルトがやって来ることになり、堅物だと聞いたジェイクは署長をからかうようなジェスチャーをしていると後ろで署長が見ていた。規則をしっかり守るよう警告し、ジェイクにネクタイを着用するよう命じる。刑事のチャールズは同僚ローザに気があり、デートに誘おうとしている。ホルトは顔見知りのジェフォーズを呼び、署のみんなの特徴などを聞く。アパートで殺人事件が起き、ジェイクとエイミーはアパート内を聞き込みに行くが収穫なし。盗まれた中に高級ハムがあり、ジェイクは署長に内緒でボイルと犯人を見つけるが逃げられてしまう。

第2話 落書き犯

ジェイクは遅刻して来て署長に目をつけられ、さらに監視の目が厳しくなる。警察車両に落書きされる事件が頻発していて、ジェイクと署長とで担当する。ジーナは未来を予知できる友達カーリーンを連れて来て、チャールズはすっかり信じてしまう。ジェイクと署長とで張り込み中に現れた落書き犯を逮捕して取り調べると、警察委員の息子トレバーだと判明する。父親の力でトレバーはいつも不起訴になっていて、ジェイクも将来のことを考えて釈放するつもりだ。カーリーンに椅子から立ち上がると危険だと忠告されたチャーリーはしっかり守っていたが、予知なんて信じるなとローザに説得される。トレバーが釈放になり父親が迎えに来て帰って行き、ジェイクはじっとしていられない。署長の助言もあり、トレバーを逮捕することに。

第3話 絶不調

ジェイクはスランプに陥り未解決事件の書類の山が出来ていて、エイミーと競っていたスコアも大きく離されてしまう。署長にも突っ込まれ、孫から失踪届けが出ていた祖母ヘレンを見つけたと報告する。エイミーは署長から、問題を抱えた青少年をサポートし、警察のプログラムに参加させるよう指示される。エイミーは青少年を集めたセミナーを開くがみんな反抗的な態度で、ローザに助けを求めるが何もしてくれない。失踪届けを出したヘレンの孫夫婦がやって来てヘレンを見るが、自分の祖母ではないとのこと。事件解決に失敗したジェイクは署長から、デスクワークを命じられる。テリーは娘の誕生日プレゼントにドールハウスを組み立てているが難航していて、チャールズが手伝うと言うが断ってしまう。

第4話 検査体験

ジェイクとローザはチャールズの補佐役として、アパートで死亡した男性の事件を担当する。エイミーは署長に気に入られていると思っていたが、冷たくあしらわれご機嫌取りに走る。現場に来たチャールズ達だが、ジェイクはいつもの調子で補佐役ではなく指揮を執り始め、おかしな所はなく自然死だと決め付けている。美人の検視官がやって来て、ジェイクは彼女を誘う。似顔絵師がいなくてエイミーが困っているとテリーが芸術的な絵を描いているのを見かけ、似顔絵を描いてくれないかと頼む。チャールズは検視結果がまだ来ないと困っていて、ジェイクが連絡することに。翌日、ジェイクはエイミーとローザを呼び、昨日の検視官との親密なデートの詳細を聞かせ、アドバイスを求める。

第5話 ハゲタカ

ジェイクは担当している殺人事件の解決が遅れていて、凶器を見つけられずにいる。署長からの命令で、チームで協力して早く解決するよう言われる。エイミーとローザが手を貸そうかと申し出るが断り、手柄を横取りしないチャールズと組むことに。署長はテリーをオフィスに呼び、射撃訓練に付き合ってくれと頼む。ジェイクとチャールズは聞き込みに行くが、何もつかめない。2人が署に戻ると、担当事件は重大犯罪課が引き継ぐとのこと。担当刑事のハゲタカは嫌味な奴で、事件解決直前にみんな手柄を横取りされた経験がある。頭に来ているジェイクはみんなを集め、バーに飲みに来ている。ハゲタカに復讐しようと案を出し合い、みんなで彼の部屋に押し入っていたずらすることに。現場に出て銃を撃つのに恐怖心があるテリーは、署長とジーナの助けで射撃テストを受けることに。

第6話 ハロウィーン

ハロウィン嫌いのエイミーは署長の指示でチャールズと組み、ハロウィンパーティーに潜入捜査することに。ジェイクは署長と賭けをし、署長が大事にしている勲章を盗み出せたらジェイクの勝ち。みんなの前でジェイクをほめ、今日のジェイクの報告書を署長が書く。負ければ5回連続週末の勤務を給料なしでやるとのこと。さっそくジェイクはジーナに署長のスケジュールを確認し、天井からオフィスに侵入しようとするが見つかり天井から落ちてしまう。署長は勲章を金庫にしまい、金庫のドアにも鍵をかけ鍵は署長が常に持ち歩いている。ジェイクは清掃係の格好で忍び込もうとしたり鳩の羽を署長のオフィスに降らせるが、どれも上手くいかない。エイミーとチャールズはパーティー会場の入口で警官だとバレて、卵を投げつけられる。

第7話 48時間

宝石店に強盗が入り、ジェイクは前科のあるダスティン・ホイットマンを逮捕する。証拠が何もなく、ホイットマンを署に拘束しておけるのは48時間だけ。署長は週末なのに全員を呼び戻し、証拠探しをするよう命じる。テリーは夜勤だったので署長は帰って休むよう指示するが、大丈夫だと言い張っている。ローザとジーナはパイを食べようとそれぞれおすすめのパイ店のパイをあげるが、どっちがおいしいかでもめている。ジェイクはホイットマンに自供させようとあれこれ手を尽くすが、あまり上手くいっていない。ローザとジーナはグルメのチャールズに判定してもらおうと、それぞれのパイを食べてもらうことに。1人の意見では決められないと、みんなでパイの食べ比べが始まってしまう。

第8話 昔気質

1970年代に活躍した刑事で、本も出しているジミー・ブローガンが99分署にやって来る。ジェイクは彼の大ファンで、大事にしている彼の著書にサインをもらう。ジミーは今どきの刑事がどんな捜査をやっているか取材に来たとのこと。ジェイクはジミーにいい所を見せたくて、無理してタバコを吸ったり70年代風の刑事になろうとしている。ローザは法廷で証言することになっているが、今のままでは相手弁護士にやり込められてしまう。テリーとチャールズは沈着冷静に刑事らしく証言できるよう、ローザを訓練することに。ジェイクはジミーと親しくなろうとバーに飲みに行き、かなり酒を飲んで署長に関することをあれこれしゃべってしまう。ジェイクはジミーが昨日しゃべった内容を記事にしようとしていると知り、何とか止めようと彼のいるサウナへ押しかけて行く。

第9話 ピザ屋放火事件

ジェイクのお気に入りのピザ店「サルのピザ屋」が火事で焼けてしまう。ジェイクは捜査しようとするが、消防署長ブーンが現れうちの管轄だと入れてもらえない。どうやら、ブーンは店主サルが自分で火をつけたと思っているらしい。99分署がハッカーのターゲットとなり、みんなのメールがバラ巻かれる。署長はテリーとジーナに新しいIT担当を雇うよう指示し、2人は面接を開始する。エイミーはローザがある町の警察署の署長職をオファーされたのをねたみ、嫌味っぽい態度を取ってしまう。ジェイクとチャールズは消防署の連中の目を盗んで現場に入ろうとするが見つかり、周りの警官達も巻き込んで消防署の隊員と殴り合いが始まってしまう。署長から呼び出されて怒られるが、ジェイクは子供の頃のサルの店での思い出を語るとブーンが感動して捜査するを許してもらえる。

第10話 サンクスギビング

エイミーは感謝祭のディナーに署長を招待し、パートナーが不在だとOKしてもらう。感謝祭嫌いのジェイクは珍しくデスクワークをしていて、エイミーのディナーには行かないつもりだったが気が変わって行くことに。みんながエイミーの家に集まってようやく署長がやって来て、ディナーの前にエイミーがスピーチを始めると署長に呼び出しがかかる。署で保管してあった現金が盗まれたらしく、署長とジェイクは捜査しに行ってしまう。防犯カメラを確認すると、フードの男が現金を盗んでいるのを見つける。エイミーの料理はどれも不味くみんなは食べたふりをしてトイレに流し、トイレが詰まってしまう。ディナーが台無しになり、みんなで近くのバーへ行く。金を盗んだ容疑者は2人いて、カメラ映像では左利きだった。

THE FLASH/フラッシュ シーズン3 あらすじ

第1話 フラッシュ・ポイント

バリーはリバースフラッシュが母を殺すのを止め、両親が生きている時間軸で生活している。アイリスに声をかけようとした瞬間、スピードスター同士の勝負に出くわす。黄色のコスチュームを着たフラッシュに助けられ、バリーはアイリスがいたカフェに戻る。彼女に声をかけデートに誘うとOKとのこと。翌日、時間になってもジョーが警察署にやって来ず、バリーはスピードを使って彼に仕度させ署へ連れて行く。その直後、めまいがして記憶が失われるような感覚に襲われる。フラッシュとライバルが戦っていると知りバリーは現場へ行き、フラッシュを助けようとするがゴミ箱へ落下。マスクの下の顔はウォリーだった。目を覚ましたウォリーはバリーを基地へ連れて行き、そこへアイリスが現れる。アイリスはシスコの力を借りようと、起業家で金持ちになったシスコの所へ3人で向かう。

第2話 代償

バリーは元の時間軸の戻ったと思い込んでいたが、以前とは違っている点がいくつかある。自分1人では抱えきれなくなり、スターシティのフェリシティに相談しに行く。フェリシティに事情を説明すると、バリー自身の魅力で問題を解決するようアドバイスされる。消えた時間軸でフラッシュに負けたライバルことエドワード・クラリス。この時間軸では力はなかったが、アルケミーから消えた時間軸の記憶を呼び覚まされ力を与えられる。人の抜け殻のようなものが発見される事件が相次ぎ、バリーと不仲の同僚ジュリアンが担当する。4つめの抜け殻が発見された現場へバリーとジョーが行き、ジュリアンの隙を見てバリーがサンプルを手に入れ、スターラボで分析してみることに。その夜、バリーはライバルと対峙し再び時間軸を元に戻そうと過去に戻っている途中、アース3のレイ・ギャリックに止められる。

第3話 新たなスピードスター

スターラボの裂け目が向こう側から開き、やって来たのはアース2のハリーと娘ジェシーだった。ジェシーはウォリーと一緒に浴びたダークマターの影響で、スピードスターとなっている。ジェシーの能力をテストするため、アース1にやって来たとのこと。ある家に街頭が突然倒れて来て、家主が怪我を負って入院する。里子のフランキーは一緒に部屋にいたが、気絶していたとのこと。ジュリアンはフランキーを怪しみ取調べから帰ろうとしている彼女を怒らせると、マジェンタに変貌して攻撃して去って行く。ウォリーは自分には能力がないのを悩み、ジェシーと親密になろうとしない。マジェンタは養父を狙って病院ごと破壊しようと、船を浮かばせて病院の上に落とそうとしている。ジェシーがサポートし、フラッシュはマジェンタの中にいるフランキーに話しかける。

第4話 過去の亡霊

鏡やガラスなどの中を移動できるメタヒューマン、スカッダーが現れる。彼はスナートに恨みを持っていて、昔の仲間を訪ねて居所を探っている。ハリーはそろそろアース2に帰るとみんなに告げ、マルチバースから代わりのウェルズを探せと勧める。シスコ達は暗号をマルチバースのウェルズ達に向けて送る。スカッダーの昔の仲間ディロンは刑務所にいて、ジョーが会いに行くが手がかりはなし。その直後、スカッダーが現れてディロンと共に脱獄する。ディロンもまたメタヒューマンで、相手にめまいを起こさせる能力を持っている。何人かのウェルズから応答があり、シスコ達はアース19のウェルズを気に入る。セントラルシティ銀行へスカッダーとディロンが強盗に入り、バリーとジェシーが向かう。ジェシーはバリーの指示を無視し、スカッダー達を捕まえ損なう。

第5話 巨大怪獣現る

キラーフロストの能力が目覚めかけているケイトリンは助けを求め、母カーラの会社へ。セントラル・シティに巨大な怪獣が現れ、バリーが対処しようとすると姿を消してしまう。HRはバリーに、ジュリアンにくっ付いて情報を集めてくるよう指示する。ジュリアンは拒否するが、バリーはラボを明け渡すと告げ一緒に行動することに。ケイトリンは検査を受けるが解決法が見つからず、会社を去ろうとする。母の助手がケイトリンを帰そうとはせず脅し、キラーフロストとなったケイトリンが助手を凍らせる寸前、カーラの説得で元に戻る。HRの言動がおかしいのに気づいたシスコとバリーは問い詰めると、自分は科学者ではなくアイデアマン兼小説家だと白状する。怪獣が街に現れバリーはジュリアンと追うが、またすぐに怪獣は姿を消してしまう。

第6話 忍び寄る影

ウォリーは自分がキッド・フラッシュとして活躍する夢を何度か見ている。うれしそうに父ジョーに話すが、ジョーはウォリーのことを心配してバリーに相談する。バリーはフラッシュポイントでのことをウォリーに話すことに。HRはスターラボをミュージアムとして、オープンさせようと提案する。街では影にビジネスマンが殺される事件が起きる。ラボではメタヒューマン用の手錠がなくなりHRが疑われるが、ケイトリンが力を封じるため使ってるとシスコに話す。監視カメラ映像で敵の正体をみんなで見ていると、HRが自分のアースにいたシャドウの能力について語る。ジョーとウォリーは夢のことについて話し合っていると急にウォリーが苦しみ出し、アルケミーがウォリーの頭に入り込んで操ろうとする。

第7話 キラーフロスト

サビターに連れ回されるバリーを助けるため、シスコとケイトリンが協力して攻撃するとサビターは去って行く。この時、ケイトリンは力を使ってしまって、少しずつキラーフロストに変化し始めていた。署にいるジョーにウォリーが繭から出たと嘘を付き、アルケミーの情報を得ようとする。ジュリアンに見られてしまい彼を拉致して、アルケミーの行方を探させる。フラッシュがケイトリンの居場所を突き止め説得しようとするが、ジュリアンから手がかりを得たケイトリンは逃げてしまう。ケイトリンが現れそうな2ヶ所を、チームのみんなが分かれて見張ることに。シスコが見張っている家にケイトリンが現れ、家の主からキラーフロストになるのが運命だと告げられる。外でシスコとケイトリンが戦いとなりバリーが加勢にやって来るが本調子ではなく、キラーフロストの攻撃で動けなくなる。

第8話 インベージョン!

セントラルシティに隕石が落ちバリーが確認に行くと、隕石ではなく宇宙船だった。ライラがスターラボにやって来て、宇宙人はドミネーターと呼ばれ1950年代にも地球に現れたと語る。ライラからおとなしくしているよう言われたが、じっとしていられないバリーはチーム・アローやレジェンド達に助けを求める。シスコの助力でアース38まで行き、カーラを呼んで来る。バリーがリーダーとなり、カーラを敵役として訓練を始める。バリーはシュタイン教授とジャックスに呼ばれ、側にいたオリバーと一緒に船へ。未来のバリーからのメッセージが残されていて、フラッシュポイントについて触れていた。シュタイン教授は若い女性の記憶がよみがえり、ケイトリンに頼んで家に送ってもらうと、妻クラリッサの代わりにいないはずの娘リリーが待っていて混乱する。

第9話 サビター

クリスマスシーズンに突入したが、バリーはアルケミーやサビターのことで頭がいっぱいだ。アルケミーが能力を与えている石について調べると、ジュリアンが何か知っているらしい。サビターは人類初のスピードスターで、アルケミーが持っていた賢者の石で力を与えられたという神話があるとのこと。バリーはジェイに会いに行って相談し、一緒にアース1へと戻って来る。アルケミーとサビターが現れ、バリーとジェイとで対処する。バリーがアルケミーをノックアウトして石を箱にしまうと、サビターの姿も消える。アルケミーの仮面の下の姿はジュリアンだった。アルケミーとして動いてる時の記憶はジュリアンにはないらしい。そんな中、シスコは兄ダンテの幻影に操られ、賢者の石が入った箱を開けてしまいサビターが再び現れる。

第10話 未来の悪夢

バリーはアイリスが殺される未来を悪夢として見ていて、一緒に暮らし始めたアイリスは心配している。街で火事が起き、バリーとウォリーは現場へ。バリーは爆発を起こさない方法をウォリーに教えながら火を消し、逃げ遅れた人を救う。HRはスターラボを博物館としてオープンする準備を着々と進めていたが、ホログラムのシスコが上手く動かず悩んでいた。ケイトリンは自分の力を封じる手助けをしてほしいと、単独でジュリアンの所へ行きチームに誘う。宝石強盗の連絡を受けてバリーが現場に行くと、相手は未来のニュースで見たモリーロだった。バリーが動揺しているうちにモリーロは逃げてしまう。再びモリーロが事件を起こし、バリーと共にウォリーも現場へ。バリーが窮地に立ち、ウォリーがモリーロを捕まえてキッドフラッシュとして街の人々に知られるように。

ARROW/アロー シーズン5 あらすじ

第1話 残されたもの

ディグルは軍に戻りテアは市長補佐の仕事に専念していて、チームアローはオリバーとフェリシティだけになってしまった。オリバーはさらに忙しくなり、市長の仕事にも影響が出始めている。グリーンアローは爆弾を解体し、正義の味方ワイルドドッグに素人は手を出すなと足を矢で射ってしまう。街では汚職警官達が暴れまわっていたが、外からやって来たトビアス・チャーチがボズの座につこうとしている。元ランス警部が街に戻っているという情報をつかみオリバーは会いに行き、ブラック・キャナリーを称える式典に出席してほしいと頼む。フェリシティは新しいチームメンバーを集めるべきだとオリバーに言うが、聞き入れてもらえない。フラッシュバックではオリバーはロシアでストリートファイトを行っていたが、闘って殺した相手がブラトヴァの一員だったらしく、彼らに捕まってしまう。

第2話 新生チーム・アロー

オリバーは新しいチーム・アローのメンバーとして、カーティス、レネ、イブリンを迎えることに。フード姿のままみんなの前に現れ、いきなり訓練を始める。オリバーは市長の仕事で無料診療所の再開を計画していて、アメルテク社に援助を頼み了承してもらう。アメルテクの副社長が襲われCEOはオリバーの仕事から手を引こうとするが、無料診療イベントでは万全の警護をするとオリバーが確約し、CEOは再び市長に手を貸すことに。ディグルはミサイルを回収する任務中だったが、取り戻すのではなく盗むのが仕事で上官達に捕まってしまう。イベントで布をまとった男が侵入し、アメルテクのCEOに襲いかかる。フラッシュバックではオリバーは他の男達とブラトヴァの訓練を受けていてみんなで協力しようと呼びかけてミッションは達成されたが、オリバー以外は殺されてしまう。

第3話 信頼

オリバーは新しいデザイナードラッグ、スターダストの売人を捕まえるが、黒幕はわからないままである。ディグルは罪を着せられて刑務所に入っていて、面会に来たライラは心配している。副市長にランスを選んだことがマスコミに流れ、アルコールの問題を抱えている人物を副市長にしたとオリバーが叩かれている。オリバーは何も知らず、テアが事を進めていた。レネはオリバーにおとなしくしていろと言われたが、薬を製造していそうな場所を知っていてイブリンと勝手に偵察に行く。レネが先走ってボスのサンプソンを捕まえようと攻撃を仕掛け、イブリンも仕方なく手伝うことに。サンプソンは色んな薬が入り混じったタンクに落下して死亡する。検事のチェイスは泳がせていたサンプソンが殺されたと、オリバーの所へ怒鳴り込んで来る。フラッシュバックでオリバーはアナトーリから事情を聞き、ブラトヴァ入りを決断する。

第4話 巧妙な罠

オリバーは新人達を連れてチャーチの部下を阻止しに行くが、計画通りには進まなかった。アローケイブに戻るとローリーが来ていて、フェリシティとのことでチームを抜けたいとのこと。チャーチが狙っていた装置をランスとチェイスに託し、見届けるよう頼む。オリバーはディグルを脱獄させるため、数日ほど休みを取るとみんなに告げる。パーマー・テクノロジーズに何者が侵入し、フェリシティはオリバーに報告。盗みに入ったのはオリバーで、位置情報からフェリシティにバレてディグルの件を反対される。ランスとチャーチは装置を警官に渡し証拠保管庫に入れるのを見届けるが、装置が爆発してしまう。チャーチの罠で装置は爆発するよう改造されていて、警察の保管庫から強力な武器を盗み出す。フラッシュバックではアナトーリはコバールの情報をつかむため、オリバーに酔っ払いのふりをさせて留置場へ送り込む。

第5話 ヒューマン・ターゲット

ディグルはチームに戻りオリバーは市長の仕事中で、残りのメンバーはチャーチの部下を捕まえてはワイルドドッグの居場所を聞き出そうとする。フェリシティからの情報でみんなが行ってみると、つい直前までチャーチ達がいた形跡がある。車で逃走したらしくフェリシティが行き先を突き止めてオリバーが到着し、無事にワイルドドッグを救出する。チャーチは抵抗することもなく逃走したのは、ワイルドドッグがグリーン・アローの正体をしゃべってしまったからだった。ディグルは傷ついてるレネのケアをすることに。オリバーは低所得者向けの住宅を建てようと計画していて、カレンズ議員を説得しようとする。議員は過去にも同じ計画があり、クイーンズ産業など高所得者向けの住宅になったと反対する。フラッシュバックでオリバーはブラトヴァの正式メンバーになるが、ヴィクトルは快く思っていなかった。

第6話 過去の傷跡

チャーチはプロメテウスに殺されオリバーとディグルとで彼の手がかりを追うと、戦いを意味するメッセージが残されていた。事件のことは伏せられていたが、ニュースでスーザンが公表してしまう。広場に手裏剣の殺し屋が現れたと大騒ぎになるが殺し屋などおらず、市民達がパニックになっている。チーム・アローは現場へ行き、市民達を落ち着かせ避難させる。テアはランスが再び酒を飲んでいるのを知り、一緒に断酒会へ行く。フェリシティはプロメテウスの被害者達の名前を分析すると、オリバーの手帳にあった名前のアナグラムだったとわかる。フェリシティはプロメテウスの武器を手に入れるため、恋人マローンのいる警察へ行きこっそり武器をくすねて来る。過去のオリバーはコバールのカジノを爆破するため、アメリカ人の金持ちに扮してコバールの部下と接触する。

第7話 ビジランテ

スターシティに新しい正義の味方が現れる。リーダーのエリック・ダンが集めた仲間達が銀行強盗を働いていると新しい正義の味方が現れ、強盗の1人を瀕死状態に。アロー達が現場にやって来ると、強盗はビジランテだとヒーローの名を言い残す。エリック・ダンが現れればビジランテも現れると踏んで、オリバー達はダンの行方を追う。ダンの手口から次に襲う銀行を突き止め、先にオリバー達が銀行強盗に扮することに。ランスは断酒会へは行かなかったとテアに告げ、辞表を提出する。テアは彼の家へ行って事情を尋ねると、酒を飲んで記憶がなかった時、手には血が付いていて手裏剣が部屋にあったとのこと。過去のオリバーはコバールに捕らえられ、タイアナの母が彼の家の家政婦として働いているのを知る。

第8話 インベージョン!

オリバーは幻覚を見ていて、もうすぐローレルとの結婚式が迫っている。オリバーと同じくドミネーターに捕まったテアやジョン、サラ、レイも同じ幻覚を見ていた。アローケイブにシスコが応援に来て、みんなでオリバー達の居所を探している。シスコが古いオリバーの弓でバイブすると、宇宙人の船にいるとわかる。オリバー達は時々現実世界での出来事がフラッシュバックし、今に違和感を感じていた。オリバーと父ロバートは路地裏で強盗にあい、フードの男に助けられる。フェリシティ達は宇宙人のコンピュータをハッキングするのに必要な装置はすでに盗まれていて、その相手から奪うことに。相手は強力で、フラッシュとスーパーガールにも協力してもらう。オリバーはフードの男のことがどうしても気になり、ランス警部の所へ行って詳細を教えてもらう。

第9話 罪の証明

オリバー達はクリスマス・パーティーを開き、大勢の客を招待している。フェリシティは恋人ビリーと来ていて、カーティスと夫ポールに自己紹介する。カーティスの様子が何だかおかしいのにポールは気づいていた。ジョン達はアローケイブで独自のクリスマスを過ごしていて、イブリンはみんなにプレゼントだとクリスマス用の靴下を渡す。カーティスとポールは早めに会場を出るとプロメテウスに襲われ、カーティスは怪我をする。病院で目覚めたカーティスはポールに真実を打ち明ける。カーティスの体内からダイクロセロルという物質が発見され、4年前にオリバーが殺した男クレイボーンが製造していたものだった。クレイボーンの工場へみんなで行ってみるとプロメテウスが現れ、アルテミスがプロメテウス側に寝返ったことを知る。

第10話 ブラックサイレン

アローケイブに死んだはずのローレルが現れ、サラ達に助けられたと事情を説明する。オリバーは喜んでいるが、フェリシティはどこか納得がいかない。ジョンは逮捕され刑務所に入っていて、オリバーが面会に行き良い弁護士をつけると約束する。フェリシティの部屋でローレルが戻ったお祝いのパーティーが開かれる。フェリシティはこっそりローレルのグラスを持ち出しアローケイブにやって来て、DNAテストをするが本人だと判明。たまたまアローケイブにいたローリーの言葉にヒントを得て、スターラボに捕らえられているアース2のブラックサイレンかもしれないと思い当たる。シスコに確認しようとしたとたん、ブラックサイレンが侵入し2人を襲撃する。過去のオリバーはコバールがブラトヴァと裏で手を組み今はグレゴールに拘束されていて、死か忠誠かを選べと迫られていた。